個人用のレーザー加工機の活用法を見てみよう!

個人用のレーザー加工機では何が出来る?活用方法は様々

おすすめlink

不要細胞を自動的に除去?

システムが不要細胞を検知し処理してくれる?再生医療のパイオニアと言われている治療について知る

個人でレーザー加工機を導入するために

様々な場面で活躍するレーザー加工機には、どのようなレーザーが使用されているのでしょうか? レーザーには数百を超えるほどの種類があると言われていますが、現在よく利用されているのは「炭酸ガスレーザー」と「半導体レーザー」のようです。 ここではレーザーを扱う際の注意点にも触れていきたいと思います。

レーザー光の性質とは?

かつてのレーザー加工機は大きくて高価な装置であったため、レーザーを使った加工は専門の業者に発注して行う特殊な加工というのが常識でした。
ところが近年は個人でも手に入れられるほどの価格帯に落ち着いてきたこともあり、家庭用のレーザー加工機を導入する人も増えてきたようです。

ただ個人用のレーザー加工機は組立式であることがほとんどなので、導入する際の第一関門は本体を組み立てることにあると言ってもいいでしょう。
レーザー加工機の販売元によっては、組み立ててから納品するというサービスを行っている業者もあるようですが、レーザー加工機に対する知識を深めるという意味でも自分で組み立ててみた方がいいかもしれません。
無事に本体の組み立てが終わったら、今度はデザインしたものをデータ化するための知識が必要になります。

ウェブ上で使用されるデータには、主に「ラスター形式」と「ベクター形式」というものがあります。
普段耳にしたことがあるかもしれませんが「JPEG」や「GIF」などは「ラスター形式」と言われるものです。
いくつもの点が集まってひとつの図形を表現しているこのタイプは、解像度を上げて拡大していくほどに図形のデータ量も比例して大きくなっていくという特徴を持っています。
これに対して「ベクター形式」である「SVG」や「DXF」は数値によって図形を表現しているものなので、たとえ解像度が変えられたとしても当てはまる数値が変わるだけでデータ量に大きな変化を及ぼすことはないといいます。

写真を転写するなど細かい画像に強い「ラスター形式」とサイズの変更に強い「ベクター形式」のそれぞれの特性を上手に使い分けることができたら、創作の幅がもっと広がるかもしれません。

作品のクオリティを上げるための機械

今までなら業者に依頼することでしか実現させることができなかったガラスやアクリルに対する彫刻が、個人で所有するレーザー加工機によって可能になりました。 硬度の異なる様々な素材に対してレーザー彫刻を行いたいという場合には、どのような点を調整していけばよいのでしょうか?

デザイン通りに切断していく能力

いくら手先が器用な人であったとしても、少しのズレもなく同じものを切り出していくことは不可能です。 その多少のズレが作品の味だと評価される場合もありますが、作品の完成度を上げるためにはしっかりと正確なサイズのパーツが揃っていることも重要なのです。 この正確さを活かした使用例を見ていきましょう。

TOPへ